男子も仕事以外の生活する力も重要!体をつくる料理と運動にファッションを見方につけ、暮らし上手になるためのヒントをお届けします。

男子ひとり暮らしハック!

糖尿病予防&改善

オリゴ糖を摂り食事をすると血糖値が上がりにくい

投稿日:

糖尿病対策の食事や生活習慣が健康の目安になる

糖尿病とは、インスリンの作用が十分でないためブドウ糖が有効に使われずに、血糖値が高くなっている状態のことです。放置すると全身にさまざまな影響が出てきます。

糖尿病は、その原因により4つのタイプに分けられます。
体質に過食(特に高脂肪食)、運動不足、肥満、ストレスなどの生活習慣や加齢といった要因が加わり、発症するとされています。このため、2型糖尿病は「生活習慣病」ともいわれるのです。

若い男子では糖尿病はめったにいないと思いますが、50代以降になると糖尿病になる人はとても多く、70代以上では20パーセントもなるといわれる糖尿病ですが、生活習慣病なので若い時から気をつけてほしいと思います。

それに、糖尿病予防になるような食事や生活習慣が健康の基本でもあるからです。

糖尿病の方は、血糖値が上がり過ぎないように、炭水化物の量の制限、炭酸飲料、ジュース、甘いお菓子や果物も控えたりするように指導されますね?

甘く見てはいけないのが、糖尿病

糖尿病の初期は自覚症状がないので恐ろしい合併症をもたらす病気であることを忘れがちです。

糖尿病は、食事によって血糖値が上昇しやすくなり、それが下がりにくくなってしまう病気です。血糖値が高くなってしまうと、血管がもろくなってしまい、詰まりやすくなったり、傷つきやすくなったりします。

そうした障害は細い血管が多く存在している腎臓や網膜、またその血管が詰まることでのダメージが大きい神経に特に影響を及ぼしやすく、これにより発生する合併症を「糖尿病性3大合併症」といいます。

糖尿病になってしまう原因は、主に肥満といわれますがやせ型や普通体型でも糖尿病患者は少なくないのです。

糖尿病には大きく分けて2つの種類がありますが、糖尿病患者のほとんどが2型糖尿病で、脂肪の蓄積による耐糖能の低下によって発生します。予防のためにはカロリーコントロールや、高血糖を防ぐ食事が必要となります。

 

糖尿病になってしまった場合は、

医師や栄養士さんのアドバイスを受けながら、食事療法をしながら、薬は処方されないのが初期ですね?

この期間に徹底的に食と運動で改善しましょう?

食べる量を減らす、食材を見直す。寝る直前に食べたり、夜食を食べたりしない、などいろいろありますね?

 

食事の前に、オリゴ糖を5g/1日食べて食事をする

糖尿病改善や予防としてオリゴ糖が有効なことがわかってきました。オリゴ糖のカロリーは低く、また血糖値にも影響を及ぼさないためです。

オリゴ糖は腸内環境をよくする、善玉菌の餌になるのですね。ですが、砂糖ではあるので、一番多く食べる食事前、1回でいいと思います。たとえば夜ご飯の前とかですね。

無糖ヨーグルトにかけたり、無調整豆乳に入れたりして飲んだらよいと思います。5gって小さじ一杯くらいですが一度計りましょう。しかし、オリゴ糖ならなんでもいいわけではありません。

 

途中で消化されずに大腸まで届く、オリゴ糖であること

それは、難消化性オリゴ糖です。

  • ラフィノース
  • フラクトオリゴ糖 (3g ~ 8g)
  • ガラクトオリゴ等(2g ~ 5g)
  • キシロオリゴ糖(1g ~ 3g)
  • ラクトスクロース

()内の数字は、消費者庁のデータから、1日に摂っていい分量の目安です。

オリゴ糖も砂糖ですから、5g/1日 を目安にしましょう。そして次回の病院での検査で効果があるか見るといいですね。数値は同じでも、腸内環境がよくなっていると自分で感じたらそれも効果ですよね?

オリゴ糖を買う時は、その砂糖の中にオリゴ糖が何パーセントか?オリゴ糖の種類を見ること、難消化性オリゴ糖が何パーセントか?を見て選びましょう。

 

糖尿病によい、難消化性オリゴ糖の商品は?

ラフィノース ビートオリゴ糖 500g 粉末 【純度100%パウダー】 LOHAStyle

 ↑↑↑ こちらは、5g/1日で、3カ月ありますね?

送料無料で、2150円ですから、21.5円/1日 です。
原材料名 :ラフィノース、ショ糖

 

【ゆうメール等で送料無料2】北の達人コーポレーション カイテキオリゴ 150g

↑↑↑ は、150gなので、一日、5g取るとⅠカ月分ですね。
2838円送料無料、94.6円/1日 です。

原材料:ラフィノース、ミルクオリゴ糖、乳糖、フラクトオリゴ糖、アカシア食物繊維、イソマルトオリゴ糖、難消化性デキストリン、ショ糖/環状オリゴ糖

 

他にもありますから探してみてください。原料や成分は、多い順に書かれています。

オリゴ糖は、GI値が低く10~30の値で、ブドウ糖のGI値が100で砂糖が99~110と言われていますからいちばん低い甘味です。 GI値が60以上だと血糖値が上昇しやすく、オリゴ糖は血糖値を上昇させない糖質です。

-糖尿病予防&改善
-

Copyright© 男子ひとり暮らしハック! , 2019 All Rights Reserved.